MENU

article

MA-GRAM 記事

【社長インタビュー(Vol.01)】中学生のときには社長になると決めていた
  • CATEGORY:
  • MEMBER

ムーヴアクションの創業者、宇梶社長にインタビューしました!「モテにモテた」という学生時代のエピソードや、社長になることを決めた理由など、社長の魅力溢れるインタビュー全4記事、ぜひご覧ください。

夢はプロ野球選手(※その保険でマッサージ師)
宇梶社長は小さい頃から社長になろうと思っていたんですか?

宇梶:それが実は、小学生の頃はプロ野球選手になろうと思っていました。リトルリーグで野球をやっていて、体も大きかったから。

プロを目指すほどだったんですね!

宇梶:今はさっぱりだけど、当時は日本で一番うまかったと自負してます(笑)ただ中学生になると、野球の世界は先輩の圧力が強くてね。野球は好きだから続けたかったけど、先輩の圧力が嫌でテニス部に入りました。

「当時の社長はモテにモテていた」と社長の弟さんから聞きましたが本当ですか?(笑)

宇梶:本当!テニスはモテた!後輩に100人くらい女の子が入部してきたんですが、後から聞いたら半分くらいは自分目当てだったらしい(笑)野球の世界にいて周りが男ばかりだったから、キャーキャー言われて嬉しかったですよ。

まるで漫画の主人公みたいですね!ちなみにこの業界を目指したのはなぜですか?

宇梶:これが自分でも驚きなんだけど、小学生の頃の卒業文集には「プロ野球選手」じゃなくて、「マッサージ師になる」と書いているんですよね。プロ野球選手になれなかったときの保険で書いたんだと思うけど(笑)

なぜマッサージ師だったんでしょうか?

宇梶:たぶん小学校の頃、先生のことをよくマッサージしていて、先生が「宇梶はマッサージがうまいな」と褒めてくれたからだろうなぁ。

夏休みは"家業の手伝い"
そんな宇梶社長が1番心に残っている幼少期の思い出は何ですか?

宇梶:親が自営業で、いつが休みとか関係ない環境だった。小学生の頃「夏休みはリゾートホテルに行く」と言うと周りの子に羨ましがられていたんですけど、行って何をしていたかって「仕事」なんだよね(笑) 小学4年生にもなれば、ひとりで電車に乗って商品をデパートに届けて台車で搬入していました。電話の受付もしていたし。それでビジネスの感覚が養われたから、ある意味英才教育だったと思いますよ。

目の前で見たサクセスストーリー
社長のルーツが少し分かったような気がします。

宇梶:家庭環境がそんな感じだったから、社長になることは私にとっては自然なことだったなぁ。あと、目の前でサクセスストーリーを見せてもらったのも、大きかったと思います。

どんなサクセスストーリーをご覧になったんですか?

宇梶:野球をやっている時に通っていた「東秀」というラーメン屋さんがあるんですけど、当時は3回も火事になったりしていて。

大変そうだなぁと思って見ていたら、なんと数年で100店舗展開したんですよ。

それが今の「オリジン」。

あと、東府中の整骨院に通っていた頃、近くに野球の道具やキャンプの道具が置いてあるお店があってね。店主と仲良く話したりしていました。それが実は今の「ドン・キホーテ」なんですよ。

社長になりたい
そんな身近に奇跡のような話があるんですね!

宇梶:そうなんですよね。自分の叔父さんもファミコン屋さんで成功していたし、父親も自営業で外車を乗り回すような生活だったし。そんな周りの環境もあって、中学生の頃には社長になろうと決めていたかな。

今回は宇梶社長の生い立ちについてインタビューしました!次回は創業までのお話をお聞きしたいと思います。

OTHER ARTICLEその他の記事

LINE登録で最新情報を
お届けします