MENU

article

MA-GRAM 記事

先輩に言われて目指し始めた売上1位がいつの間にか自分の目標に
  • CATEGORY:
  • MEMBER
  • RANKING

ムーヴアクションに新卒入社、現在鍼灸師として活躍する春田さん。実は入社1年目の時には周りの先輩の力量と自分の力量の差に悔しさを感じていたそうです。
そんな春田さんがこの業界を目指したきっかけや、どんな成長をして今に至るのかをインタビューしてみました。

profile
春田航佑

出身地:神奈川県横浜市
出身校:呉竹鍼灸柔整専門学校
資格:鍼灸師
社内部活動:サッカー部
趣味:サッカー、温泉、ドライブ

社内でもサッカー部所属!まさにサッカーと過ごしてきた日々。
春田さんはムーヴアクションのサッカー部所属と聞きましたが、学生のときからサッカーをしていたんですか?

春田:そうなんです。幼稚園から高校までずっとサッカーをしていました。今もムーヴアクションのサッカー部に所属しているんですが、先日なんて、雨の中みんなで集まってサッカーを楽しんでました(笑)

この記事もオススメ>活動的すぎる社内部活動

まさにサッカー漬けですね(笑)この業界を目指したきっかけはあるんですか?

春田:高校3年生のときに「進路どうする?」と将来自分が何をしたいのか考えたときに、「大人になってもスポーツに携わっていきたい」と思ったんですよね。あと、どうせやるなら「人のためになることをしたい」というのもあって、スポーツ選手の身体を治療したりマッサージしたりする、この業界を目指しました。

就活の中で、ムーヴアクションと出逢う
就職活動について教えてください。

春田:親と相談しながら就職活動していたんですが、個人院はやっぱり社会保険や待遇面でちょっと不安だということで、選択肢から外れたんですよね。それで、規模が大きめの院をいくつか見ていたんですが、ムーヴアクションの患者さんとの距離、振る舞い、雰囲気が自分には合っているなと思って、ムーヴアクションに新卒で入社しました。

院によってそんなに雰囲気が違ったんですか?

春田:そうですね。会社によってそれぞれ雰囲気が違いましたね。例えば、面接の段階で怖いなと感じるところもあったり、店舗見学では、全てが個室で仕切られていてスタッフ間の交流が少なそうなところもあったり。いろいろと見学に行く中で、私は堅苦しいところより、ラフな雰囲気でスタッフ同士の顔が見える中で働けるところのほうが良いなと感じました。

実際に入社してみて、どうですか?

春田:入社してからもイメージ通りでした!堅苦しくなく、楽しそうにスタッフが働いてて。あとは、社内部活の活動頻度を上げたいと言ったらどんどん頻度が上がっていって、休みの日や仕事終わりにこれだけ運動ができる会社って他にあるのか?!というくらい、月に何回も活動させてもらってます(笑)みんな仲良しで楽しいです。

仲が良いと、仕事も伸び伸びとできそうですね!

春田:そうですね。やりたいと思ったことを実現させてもらってます。私もトレーナーを経験する環境を与えてもらいましたし。MTGで「なにかやりたいことある?」と上司が聞いてくれて。意見を出せばやらせてもらえる環境なので、ありがたいです。

先輩とのレベルの差を埋めたくて、一生懸命練習し、腕を磨く日々
入社1年目のときのこと、教えてください。

春田:1年目で最初に勤務した店舗は、私を含めて3人の少人数でした。私以外のスタッフは5年目、6年目のベテランで、施術レベル、接遇レベルに大きく差があったんですよね。それが悔しくて。患者さんからしたら1年目でも5年目でも「先生」なのに、それに応えられてないなと。それで、先輩2人から盗めるものは盗んで、一生懸命練習をしました。先輩2人は柔道整復師、鍼灸師は私だけだったので、他の店舗の先生に教えてもらいに行って、技術の腕を磨きました。

まさに誰にも負けない努力ですね!今の目標はありますか?

春田:異動した店舗の上司から「〇〇までに売上1位を目指す」という目標というか、具体的なタスクをもらったんですよね。そのとき初めて明確な目標ができて、最初は「タスクをもらったから頑張ろう」くらいだったんですけど、目指しているうちに「売上1位になりたい」という気持ちがだんだん大きくなっていきました。そう思い始めるとどんどん結果が出てきて、何かやりたいことがあったときに任せていただけることも増えたので、結果を出すのは大事だなと感じます。

関連記事

この記事もオススメ>新人時代の奮闘ストーリー

OTHER ARTICLEその他の記事

LINE登録で最新情報を
お届けします